• クレンジングを変えれば乾燥肌は改善する

    クレンジングはメイクに比べると、肌への負担が少なそうだというイメージがあり、どんなものでも大差ないように思っている人が多いのではないでしょうか。

    しかし、クレンジングは乾燥肌の原因となりうるので注意が必要です。
    肌に最も負担をかけるのはオイルタイプのメイク落としです。

    クレンジングの乾燥肌に関する予備知識の情報が満載です。

    オイルタイプは落としにくいウォータープルーフのファンデーションやマスカラなども簡単に落とすことができるので、使用している人も多いのではないでしょうか。しかし、洗浄力が強い分、肌に必要な皮脂まで落としてしまうというデメリットがあります。必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥肌になるのはもちろんですが、その分を補おうとして過剰に皮脂が分泌されるので、ニキビや吹き出物の原因ともなります。


    ふき取りタイプのクレンジング剤もオイルタイプ同様、洗浄力が強いので、乾燥肌の人は使用を控えるようにしましょう。

    ふき取りシートはカビを防ぐために、防カビ剤、防腐剤、強いアルコールなど、肌に負担がかかる成分がたくさん含まれています。

    goo ニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

    ふき取る際に摩擦が生じやすいのもデメリットのひとつです。



    乾燥肌の人におすすめのクレンジング剤は、クリームタイプやミルクタイプのものです。


    クリームやミルクが肌へのクッションとなるので摩擦が生じにくく、洗浄力もマイルドなので肌にかかる負担を最小限に抑えることができます。保湿対策を十分しているのに乾燥肌が改善されないという人は、クレンジング剤を見直してみましょう。
    肌に優しい洗浄料を選んで肌にかかる負担を軽減することが乾燥から抜け出す近道となります。