レーザー脱毛の注意点

レーザー脱毛は、カミソリや毛抜きなどで行う自己処理などと比べると安全性の高い脱毛方法ですが、注意点もあります。
まず、レーザー脱毛は、休止期の毛根にはレーザーが反応しないため、成長期になるまで待つ必要があります。



毛のサイクルは部位によって異なりますが、脇であれば、2ヶ月から3ヶ月程度かかります。
そのため、レーザー脱毛も2ヶ月から3ヶ月おきに行うことになります。


脱毛期間中は、カミソリやシェーバーで剃って処理する方法が推奨され、毛抜きでの自己処理は禁止になります。

毛抜きで抜いてしまうと毛根までなくなってしまうため、レーザーを照射しても効果が期待できなくなります。

毛抜きで処理していた人が施術を受けるためには、2ヶ月程度の期間をあけ、毛根が育ってから施術を受けたほうが効果が期待できます。



また、レーザー脱毛の施術を受ける前後の日焼けには注意が必要になります。レーザーは、メラニン色素に反応するため、日焼けし肌が黒くなると肌のメラニンにも反応してしまうため、火傷することから施術が受けられなくなります。

また、色白の肌の方が、照射出力を上げることが可能になるため、その分効果も期待できます。

脱毛直後は、レーザー照射により肌が熱を持ち、あかみをおびているため、この状態で日焼けをするとシミや色素沈着の原因となり、その後の施術に影響が出る可能性があります。



そのため、露出の増える夏場よりも冬や春先に脱毛したほうが適しているとされています。



Copyright (C) 2015 レーザー脱毛の注意点 All Rights Reserved.